最新の脂肪注入を使った豊胸

いろんな美容整形がある中で脂肪注入を使った豊胸は比較的新しいですが、この手術が誕生してから現在に至るまで進化しています。美容外科の中には、脂肪注入を使った豊胸の中でも最新の手術を積極的に取り入れている事もあります。

脂肪注入を使った豊胸は、多くの美容外科で行われていますので、美容外科ごとでどの様な違いがあるのかという事について比較してみるのもいいかもしれませんね。ぜひ最新の脂肪注入を使った豊胸について注目したいですね。

最新の脂肪注入を使った豊胸が絶対にいいとは言えませんが、デメリットが解消されていたりする事もあるかもしれません。よく考えた上でどうするか判断したいですね。

美容外科で受けるヒアルロン酸注入による豊胸の特徴

美容外科でよく使われるヒアルロン酸は、元々人間の眼球に含まれている成分から発見されました。ヒアルロン酸がなければ、眼球は水分を保持できずに乾いてしまいます。このヒアルロン酸を、体内に注入しても害がないのは、人体を構成する成分であるからです。

ですが、人体に含まれている成分を注入するので、長期間は長持ちすることなく、体内へと吸収されていきます。豊胸術でも、ヒアルロン酸を使った手術がありますが、注入する量が制限されているので、気軽にしたい方には最適です。また、豊胸を行うのが初めての方にも、お試しで行える手術でしょう。

絶対にばれないこと重視した人が行うべき豊胸術

触られた程度ではばれないようにしたい人には、脂肪注入タイプの豊胸術が向いています。脂肪注入を使用するのは自身の脂肪なのでバストに移植しても、触り心地が不自然になりません。触られただけではばれにくくて安心の脂肪注入方法ですが、希望としているサイズにならないかもしれませんし、脂肪吸引できなければ施術を受けられないなど、注意しておくべき点もあります。

脂肪注入の値段は約36万円から168万円とクリニックによって大きな開きがあります。クリニックに行く前には、値段はもちろんですが、脂肪注入の正しい知識をしっかりと学びましょう。美容外科クリニックに行く際は後悔のないようにお願いします。

豊胸術の種類とメリット

豊胸術は、その名の通り胸を大きくする手術になります。種類は大きく分けて3種類あり、美容外科にて手術を受けることになります。まず1つ目が、脂肪注入豊胸と言って、自身の体で脂肪が余っている部分から脂肪細胞をもらい、胸に注入するものです。

傷が小さく済み、自身でいらないと思っている部分をとることができます。2つ目は、シリコンバック豊胸です。一番ボリュームを出すことができることが特徴です。3つ目は、ヒアルロン酸豊胸で、体への負担が小さく、注入する量を自身で決めることができます。シリコンバックもヒアルロン酸も、体内に入れて問題のない物質です。

豊胸術はシリコンバック注入法がおすすめです

豊胸手術はとても多くの種類が開発されています。その中で特に人気なのが、従来から施術されている、シリコンバック注入法による豊胸術です。この施術方法は、胸に直接シリコンバックを注入していく方法で、全く胸の無い方でも理想の大きさや形にすることが出来ます。

シリコンバックもいろいろな種類があり、柔らかい物から少し固めなど自分の好みに合わせた形や大きさを選択出来ます。品質改良が進んでいるので、途中で破裂したり、しぼんだりする心配はなく、半永久的に効果を持続させることが出来ます。施術の後もとても小さいので周囲の人には気づかれにくくなっている、美容外科手術です。

豊胸関連

MENU