美容外科の二重整形を利用せず二重まぶたに

いかにして二重まぶたになるかという事ですが、美容外科の二重整形を行う方法を挙げる人が多いでしょう。しかし、美容外科の二重整形は失敗したり、希望とは違った二重まぶたになるというリスクもあります。ですので、美容外科の二重整形を利用せず二重まぶたになる事を希望する人もいます。

美容外科の二重整形を利用せず二重まぶたになる手段の一つとして、メザイクがあります。慣れると短時間で二重まぶたになれるみたいですね。美容外科の二重整形を使わない場合には、メイクをオフすると一重まぶたに戻ってしまう事もあります。

しかし、練習してコツをつかむ事ができれば、いつも同じ様な状態を作る事も可能ではないでしょうか。

二重まぶたになった顔をシミュレーションできるクリニック

一重まぶたから二重まぶたになった顔を事前に知っておくことで、より安心して二重整形手術を受けることが可能となります。クリニックによってシミュレーションの考え方はさまざまですが、顔画像をデジタル処理をして手術後の顔のイメージをモニターで確認するシステムを導入しているクリニックや、実際にまぶたを細い棒で持ち上げて二重まぶたを一時的に作り、鏡で確認する方法をとっているクリニックもあります。

いずれにしても仕上がり後のイメージをもつことは重要ですので、二重整形を受ける際には必ずシミュレーションした顔をじっくりと観察しましょう。

二重まぶたを作る「二重部分切開法」

一重まぶたや奥二重にコンプレックスを感じているなら、二重整形を受けてみてはいかがでしょう。 施術を受ける事で華やかな、二重まぶたを作る事が可能です。

二重まぶたを形成する美容整形には、色々な施術法があります。 その中の1つに挙げられるのが、「二重部分切開法」です。

この施術法はまぶたを全て切開し、二重のラインを作るのではなく部分的に小さく切って、二重にするのが特徴です。 大きく皮膚を切開しないので、施術後の腫れや痛みが比較的少なくて済みます。 切開する範囲は小さいといっても、メスを使う美容整形なので効果は絶大です。